fc2ブログ

章月グランドホテル① introduction



2月の初旬、
『定山渓温泉章月グランドホテル』に投宿。

定山渓神社で『雪灯路』というスノーキャンドルのイベントを
見てみたいという思いもあって、章月に予約を入れた。

章月グランドホテル


章月グランドホテルは定山渓温泉で
創業80余年という老舗のホテル。
昨年6月、グランビスタ&リゾートから野口観光に
事業譲渡される形で運営会社が変わっています。

定山渓温泉は札幌市民の奥座敷と云われていて、
自宅からも1時間もかからずに着いてしまう場所。

若い頃は、近すぎる定山渓温泉に泊まるっていう
発想がなかったけれど、最近は歳をとってきたせいか
移動距離も少ない場所で温泉情緒を味わえる
定山渓温泉が大好きになってきています。

特に冬は良いよね~。
冬道でも気軽に行けちゃいますから♪


章月グランドホテル



新雪に覆われた札幌市街を走り抜け、南区に入り
定山渓温泉へ。
チェックインまで少し時間があったので、
お気に入りのカフェでひと休み。

カフェ『崖の上』。
本当に崖の上に建っています。
豊平川の支流を見下ろす、高さ40m程の崖の上。
道道1号線沿いにあります。

崖の上

章月グランドホテル

崖の上

崖の上


20190202141929.jpg

イチゴのレアチーズケーキ。
この店に来るといつも同じものをオーダーしてしまう。

崖の上


★次回はロビーラウンジ、そしてお部屋編です☆


 また、見てくださいね~(^-^)/

章月グランドホテル

スポンサーサイト



章月グランドホテル② ロビーラウンジ編



章月グランドホテル
ロビー・ラウンジ編です。
※前回宿泊時の画像も数枚使用しています。

章月グランドホテルには、
昨年9月の震災前にも宿泊していました。

最上階に一室だけのプレミアムスイート以外の
お部屋は比較的利用しやすい価格帯ですし、
眺望が良く、接客サービスも安定しているところが
再訪の理由になるのかもしれません。

特にラウンジでの各サービスは、
価格帯以上のサービスだと思います。
リーズナブルな部屋を選ぶと、非常にお得感のある
宿と云えるのではないでしょうか。




章月グランドホテル

章月グランドホテル


ロビーでチェックインを終えると、ラウンジかむりにて
早速、お煎茶と大黒屋の温泉饅頭の
サービスを受けます。

この大黒屋の温泉饅頭が美味い♪
前日までにフロントに予約すると
次の日に出来立てを頂くことが出来るようです。

章月グランドホテル

章月グランドホテル

章月グランドホテル

章月グランドホテル


珈琲マシンとオレンジジュース、
冷茶、ティーパック等も各種用意されていて
眺望を楽しみながら、ゆったりと一服。

章月グランドホテル

章月グランドホテル


そして、章月で有名なのが蜂蜜バイキング。
これでも蜂蜜の数は絞ったそう。
様々な蜂蜜の味を食べ比べることができます。

今回、蜂蜜バイキングで
目新しかったのは、『赤い蜂蜜』。
大滝のカフェ・アイバレーという花カフェで
作られています。

実は以前、北湯沢の緑の風リゾートに泊まりに
行った時、偶然このカフェに立ち寄ったのでした。
そこでこの赤い蜂蜜を買っていたので、思いがけず、
この蜂蜜があったことが嬉しかった。
すっきりとした味わいで美味しいです。

章月グランドホテル


クラッカーやヨーグルトも用意されているので
お好みで試食を楽しめます。

章月グランドホテル


ホテルの売店でも売られていました。
ポリフェノールたっぷりのアロニアをブレンド
していることが特徴とか。

章月グランドホテル



これがラウンジかむりのおもてなし。
充実してるでしょう♪
滞在中は多くの宿泊客で賑わっていました。

これを見習ってもらいたい宿が数件はありますね。

章月グランドホテル


これは前回宿泊時の画像ですが、
夜の雰囲気も良い場所です。

章月グランドホテル


★次回はお部屋編と雪灯路をご案内します☆
 また、お付き合いくださいね o(^▽^)o

章月グランドホテル

章月グランドホテル③ お部屋・雪灯路編



章月グランドホテルお部屋編です。


今回宿泊したのは和洋モダンルーム56㎡。
10畳和室+ツインルームのお部屋。

章月グランドホテル


数年前に部分改装されて和洋室のスタイル
になったという、章月で一番新しいお部屋。
改装前はオーソドックスな和室二間であったことが、
その名残りからもよく分かる。

玄関を上がった廊下から畳敷き。
右手にトイレと奥に洗面所と浴室がある。

章月グランドホテル


和室にはロータイプのダイニングテーブルがあり
座りやすい。
椅子で過ごす方が楽なんで嬉しいところ。

和室とベッドルームを仕切る格子戸もいい感じ。

章月グランドホテル



床の間も以前の部屋の名残りでしょうか。
大きめですね。

章月グランドホテル


章月グランドホテル


この仕切りの格子戸は、このように格納される様式に
なっていました。

章月グランドホテル



ツインベッドルーム。
広縁のスペースには小さめのテレビも
壁に設置されてありました。

ペンダントライトの片方が球切れしていたけど
ま、それはご愛嬌かな。

章月グランドホテル


洗面所はダブルシンク。
それ程広さはないけど、ダブルシンクは嬉しい。
二人でも諍いなく使えます(笑)。

章月グランドホテル


スキンケアなどのアメニティは
野口観光の風シリーズの宿でも
お馴染みの化粧水等がラインナップされていて。

章月グランドホテル


部屋のお風呂は温泉が出るわけでもないので
使うことはないけれど。
この部分は改装もされていないようで古いまま
でした。
でも、ちゃんとミキモトのシャンプーが
使われていましたよ。

章月グランドホテル




定山渓温泉街を一望するかのような
窓からの眺望があり。


鹿の湯やら、宿からの明かりが灯り始める
宵闇の定山渓温泉は
ジブリ映画の世界にも見えて、幻想的であった。

20190202154235.jpg

※前回宿泊時撮影
章月グランドホテル


程よい広さで、動線が良いのか
使い勝手の良い部屋の印象。

章月グランドホテル

川の向こうに厨翠山が見えます。
泊まってみたいな~(^∇^)

章月グランドホテル


そして夕食前、
ヒートテックを着込んで乗り込んだのは
定山渓温泉、冬のイベント『雪灯路』。
スノーキャンドルの舞台は定山渓神社です。

開催期間は短く、1月30日から2月3日までの5日間
のみの開催ということ。
2000個のスノーキャンドルが境内を幻想的に
彩る光のイベント。

お腹を減らすために一生懸命歩きましょう!

雪灯路

雪灯路

雪灯路

雪灯路

雪灯路

雪灯路

雪灯路


カップルが撮影されていた。
ちょっと恥ずかしい感じもするけど…
お幸せに~(*^_^*)
雪灯路

★次回は章月お食事編です☆
また、見てくださいね~o(^▽^)o

章月グランドホテル④ お食事・温泉編



章月グランドホテル 
お食事編です。
※追記で温泉編もあります。

夕食は数年前に改装されたという
お食事処『一条亭』にて頂きます。


章月グランドホテル



野口観光グループの一員になってから
新たに考案された会席コースということで。

章月の伝統的な和と、野口観光の企画力を
融合したという意欲的な会席で
『章月クラシカル』を頂きました。


章月グランドホテル


食前酒 オリジナルカクテル『冬彩』

章月グランドホテル


先付け お寿司〈定山〉
前菜 〈昔ながらの章月の味7選〉


章月グランドホテル




章月グランドホテル



先椀 熱々!噴火湾産ホタテ真丈のウニのせ
    ~澄まし仕立て~

章月グランドホテル


お造り 苫小牧産ホッキ 長崎県産鮪 
     オホーツク産牡丹海老 道産タラの昆布〆
     青森産アンコウ

章月グランドホテル

章月グランドホテル


焼き物 金目鯛の銀杏焼き~京芋の梅肉のせ~

章月グランドホテル


強肴 「白老牛」の蒸ししゃぶ

章月グランドホテル



料理長からのサービスメニュー
札幌黄という玉ねぎの品種を使ったメニュー。
甘く煮た玉ねぎの上に
メレンゲがふわっと乗っていて。

章月グランドホテル


酢肴 冬の風物詩
    『蜜柑の花パフェ』

章月グランドホテル



食事・留椀・香の物 
ふっくりんこ釜炊き 金目鯛のあら汁

章月グランドホテル

章月グランドホテル


デザート&珈琲・紅茶
〈素朴な昭和スイーツ3点セット〉
白玉ぜんざい 手作りパンプキンアイスクリーム
昭和のフルーツカクテル
※画像の飲み物はパティシエ特製抹茶ラテ


章月グランドホテル


そして、6階ラウンジかむりでは、専属パティシエによる
4種のスイーツも提供されいます。
『イチゴのショートケーキ』『チーズプリン』
『リンゴゼリー』『ブルーベリー大福』

章月グランドホテル

章月グランドホテル


お夜食のマグラーメン
これはご愛嬌かな。インスタント麺です。


章月グランドホテル




章月の夕食いかがですか。
とても愉しいメニューでしょう♪

道産の食材と宿に因んだレシピでの
メニューがたくさん並んでいて、最初から最後まで
章月クラシカルというコンセプトを
愉しむことが出来ました。

デザートも充実で味わいも良かった。
望楼登別のお食事なんかより
余程気が利いていて満足でしたね。


章月グランドホテル



翌朝。
朝食も同じく一条亭で頂きます。

『冬のおもてなし朝膳』
朝食にもお品書きが添えられていました。
そこを、手を抜く宿も多いのですよ。

章月グランドホテル


章月グランドホテル



プチバイキングコーナーもあり。
サラダ、フルーツ、ドリンク類が
充実して置かれています。

野口ファームのそば粉を使った
定山渓温玉蕎麦もワゴンサービスで
提供されていた。

章月グランドホテル



そして朝食後のデザートまで充実!
パティシエ特製、朝の手作りスイーツ全4品。
『紫いものモンブラン』『洋ナシとキャラメルのムース』
『紅茶のパウンドケーキ』『ハスカップゼリー』

頑張るよね~、章月グランドホテル\(^o^)/
朝のスイーツはチェックアウト後の10時30分まで
ラウンジで食べていられます。
サービスいいな♪

章月グランドホテル


章月グランドホテル

それでは、章月グランドホテル編は
これにて終了です。



★次回は冬の十勝旅!編に入ります☆
どこの温泉宿に行くのかな~(^∇^)

十勝旅

続きを読む

章月グランドホテル(2) ①到着~館内編


章月グランドホテル
到着~館内編に参ります。

章月グランドホテル

4月にリニューアルオープンしたことを知って
両親も連れて訪問しています。

章月グランドホテル

入口から玄関へのアプローチもこのように…
スタイリッシュに変貌していました!✨

章月グランドホテル

館内の内装は「月の満ち欠け」がテーマらしく
フロントの天井にもお月様が見えています🌖

章月グランドホテル

この照明は時間の経過によって
満ち欠けする仕掛けになっているそうです。

章月グランドホテル

ラウンジも素敵にリニューアルされて
名称も「章月倶楽部」と改名されています。

章月グランドホテル

スペース的には変わらないと思いますが
家具類は全て一新されて
モダンな印象に変わりました。

座り心地の良い上質な椅子とテーブルで
ゆったり寛ぐことが出来ます。

章月グランドホテル

以前からあった音響スペースも
明るくお洒落な空間に生まれ変わっています。

タンノイのスピーカーから流れる音楽を聴きながら
ロッキングチェアに揺られる贅沢な一時…

日常から離れて優雅に過ごせます♪

章月グランドホテル

奥に見えるのが売店で
手前のカウンターテーブルでは
各時間帯により飲料や
お菓子等のサービスが行われています。

章月グランドホテル

売店には定山渓土産に
野口観光オリジナルの商品など
色々と取り揃えられています。

章月グランドホテル

章月伝統の蜂蜜バイキングも
蜂蜜の種類は減りましたが
しっかり継承されていました。

蜂蜜の食べ比べなど、
なかなかする機会もないので
嬉しいサービスと思います😊

パティシエオリジナルのスイーツも
冷蔵庫に用意されていましたよ。

章月グランドホテル

チェックイン後は
ラウンジでのウエルカムサービス♪

美味しくて、食いしん坊なまさじゅん母が
必ず買って帰るという…
大黒屋の温泉饅頭を頂けます😊

温泉饅頭でナンバーワンの美味さと思います。
お煎茶に合うねぇ。

章月グランドホテル

そして章月の良さはこの眺望でしょう✨

ラウンジからも四季折々の定山渓渓谷を感じて
心癒される時間があります。

章月グランドホテル


次回はリニューアルしたお部屋編です。
またお付き合いくださいね~😉


テーマ : 北海道旅行
ジャンル : 旅行

章月グランドホテル(2) ②お部屋編~プレミアムルーム


お部屋編に参ります。

章月グランドホテル

お部屋編では今回の大改装で新たに誕生した
温泉付きのプレミアムルームと
スーペリアツインルームの二部屋を紹介します。

今回はプレミアムルームです。

章月グランドホテル

ルームナンバーも月をモチーフにした装飾です。

章月グランドホテル

玄関は広々としていて
居室への段差もないので安心です。

章月グランドホテル

画像左側の扉がトイレで
玄関を入ってすぐのところにあります。

章月グランドホテル

温泉付き客室プレミアムルームの中へと入ります。

章月グランドホテル

部屋に入るとツインベッドと
リビングを隔てるようにして
シンク付きのキャビネットが長く伸びています。

いくつもの丸いペンダントライトは印象的ですが
多すぎて煩い感じもしてしまいます。

章月グランドホテル

ベッドルームの壁にはハーフムーン🌓
お月様に抱えられるように眠るのですね。

章月グランドホテル

ベッドルームにもテレビがありますが
このキャビネットが動線を塞いでいるので
ちょっと邪魔な感じがします。

章月グランドホテル

リビングルームで目を引くのは
この円形のソファです。

これは満月をイメージして採用したのか
よく分からないけれど…
とにかく座りにくいし寛げません😅

章月グランドホテル

ソファを四分割できそうにも見えますが
実は動かすことは出来ないので
分割してソファとスツールのようにして
使うことも出来ません。

窓際のせっかくのスペースが
台無しといった感じです。

章月グランドホテル

眺望はこのように約束されているのですが。

章月グランドホテル

備品類で足りないものはないですが
冷蔵庫はちょっと小さめですね。

館内案内は感染症対策のためか
書面からタブレットに変わっていて
内線電話もタブレットを使用するようです。

章月グランドホテル

そして水回りです。

章月グランドホテル

ダブルシンクで明るく清潔感は満点でしょう✨
アメニティも特筆するものはないですが必要十分です。

章月グランドホテル

パウダールームの横に温泉風呂があります♨

章月グランドホテル

野口観光の部屋風呂に共通する大きめの浴槽で
二人で入っても余裕ある広さです。

章月グランドホテル

洗い場は一つです。

章月グランドホテル

窓枠の大きさは
改装前から変わらないので小さめですが
何にしろ、
贅沢な湯浴みは約束されるでしょう。

章月グランドホテル


次回もお部屋編で
スーペリアツインルームを紹介します。
また見てくださいね~😉


テーマ : 北海道旅行
ジャンル : 旅行

章月グランドホテル(2) ③お部屋編~スーペリアツイン


お部屋編に参ります。

章月グランドホテル

今回紹介するのはスーペリアツインルームで
こちらも今年リニューアルされたお部屋です。

4階のお部屋に案内されましたが
大浴場と同じフロアでとても便利でした。

章月グランドホテル

真新しいフローリングが気持ち良い
32㎡ほどのツインルームですが、
同じタイプで畳敷きの部屋もあるようです。

章月グランドホテル

和室10畳に広縁が付いている
温泉旅館では定番といえるようなお部屋を
現代的なツインルームに改装しているので
広さはそれなりですが、必要十分なスペースは確保され
機能的な造りになっています。

章月グランドホテル

壁に月の装飾が浮かび、ベッドサイドには
スマホや眼鏡などが置けるテーブルと
電源、ブックライトも備えます。

章月グランドホテル

壁側には備え付けのソファとテーブル、
荷物台にもなりそうなスペースもあります。

章月グランドホテル

茶器類と冷蔵庫を収納したキャビネットは
コンパクトにまとまっています。

こちらの部屋でも案内書と内線電話は
タブレットでの対応に変更されています。

章月グランドホテル

窓側にアンティーク調の
ペンダントライトがあるのですが
それはちょっと邪魔に感じましたね😅

章月グランドホテル

水回りで洗面台とシャワーブースもありますが
良い温泉がすぐそこにありますから
やはりシャワーブースの出番はありませんでした。

章月グランドホテル

洗面台スペースもコンパクトになりますが
新しく清潔で気持ち良いです。

下段には棚があるので、持ち物が多ければ
アメニティをずらしたりして
使いやすいように工夫します。

章月グランドホテル

玄関横に真新しくお洒落なトイレがあります。

章月グランドホテル

クローゼットも必要十分なスペースです。

タオル類が一組しかなかったので
せめて二組用意してあると嬉しいです。

大浴場にタオルの用意はないので
部屋から持っていくことになりますが
ハイクラスの宿なら
湯籠があることも期待してしまいますね。

章月グランドホテル

窓際にはメイク用のミラーもあります。

章月グランドホテル

お部屋のお茶請けは美味しいきんつば😊

改装前は地元で皮製品を製造・販売している
羽原コレクションの
キーホルダー付きの鍵を使っていましたが
時代の流れなのでしょう…
改装して扉も新しくなると
カードキーに変更されていました。

章月グランドホテル

二個しかないから分け合ってね💦

章月グランドホテル

水回りも含めてきれいに改装されて
機能的なツインルームになり
快適性は格段に向上したと思われます。

改装前の和室10畳広縁付の宿泊料金は
確か2万円以下での売り出しが殆どだったと
記憶しているので、改装による快適性の向上分は
きっと宿泊料金に転嫁されていると思われます。

章月グランドホテル

多くの人が満足できる機能的なお部屋へと
リニューアルされたことは事実でしょうが、
純和風の趣きで日本情緒の香る
和室10畳のお部屋なくなってしまったのは
温泉宿ファンとしてちょっと寂しく感じます。

日頃、ベッドの部屋の方が寝やすいとか
言っておきながら申し訳ないのですが…😅
温泉旅館の定番的なお部屋が
どんどん消えて行ってしまうのは
やはり寂しい気持ちになるのです。

襖を開けて、畳の上の座布団に座り
お茶請けと煎茶を頂く…
そんな温泉旅館の日常風景が
無くなってしまわないことを切に願います。

章月グランドホテル


次回は大浴場編です。
また見てくださいね~😉

テーマ : 北海道旅行
ジャンル : 旅行

章月グランドホテル(2) ④大浴場編


大浴場編に参ります。

章月グランドホテル

大浴場は男女入替制で二か所あります。

今回のリニューアルオープンで
大浴場にも名称が付いたようですが
天王の湯から紹介して行きます。

章月グランドホテル

脱衣場も完全にリフォームされて
真新しく清潔感は十分です。

章月グランドホテル

こちらの大浴場は改装されたようで
石造りのだった床もタイル貼りに変わっていました。

章月グランドホテル

洗い場も位置が変わって
このように仕切りも付いて良くなりました。

ただ、以前は石壁があって主浴槽と
檜風呂を隔てていましたが
今はアクリル板のような物で仕切られていて
全体的に温泉風呂の趣き雰囲気という点では
物足りなくちょっと残念な気もします。

章月グランドホテル

残念ながら、檜の浴槽は檜風タイルの
浴槽に変わっていました。

章月グランドホテル

露天風呂にも行ってみましょう。

章月グランドホテル

以前と変わらず、
このような階段で降りて行くので
高齢者にはちょっと大変かもしれません。

章月グランドホテル

ラティスと木々に遮られていて
雄大な眺望を望める露天風呂ではないですが、
定山渓の自然を感じながら入る
源泉かけ流しの温泉は
やはり格別に気持ち良いです✨

章月グランドホテル

章月グランドホテル

75℃の源泉から生まれる
湯けむりを利用したという蒸し風呂は
サウナが苦手という方にもお勧めみたいです。

章月グランドホテル

そしてもう一つの大浴場は
海王の湯という名称が付いています。

章月グランドホテル

ナトリウムー塩化物泉の源泉かけ流し
源泉が高温なので加水はしています。

章月グランドホテル

こちらの大浴場は修繕程度の扱いで
改装はしていないと思います。

浴槽が三段になっている棚湯が特徴です。

章月グランドホテル

こちらが最上段の浴槽。

章月グランドホテル

中段には寝湯があってゆったり休めます。

章月グランドホテル

洗い場のシャワーヘッドは調整可能なもので
こちらも仕切り付きなので安心です。

章月グランドホテル

露天風呂もあまり違いは無いですが
こちらの方が少し広くて
眺望の解放感もあるように感じます。

章月グランドホテル

平日の空いている日の投宿でしたから
貸切状態になる贅沢な時間もあり
夏の終わりの温泉に癒されました😊

章月グランドホテル

大浴場の隣にあった湯上り処も
キレイに改装されていました。

章月グランドホテル

冷たい飲み物もあるし
このように寛ぎのスペースがあって嬉しい。

湯上りの身体をマッサージチェアでほぐしまくり
推定2歳くらいは若返ったと思われます♬

章月グランドホテル


次回はお食事編です。
また見てくださいね~😉



テーマ : 北海道旅行
ジャンル : 旅行

章月グランドホテル(2) ⑤お食事編


お食事編に参ります。

宵闇の章月、エントランスの庭園も
美しくライトアップされています。

お楽しみの夕食はこれからです🍽

章月グランドホテル

5階のお食事処「おぼろ月」が
夕食会場となります。
リニューアル前は一条亭という名称でした。

章月グランドホテル

ここはそもそも2013年に改装されているので
今回のリニューアルでは手つかずのようです。

ただ、調度品やインテリアなどで
多少の変化はあるようです。

章月グランドホテル

最初のテーブルセッティングです。

章月グランドホテル

野口観光グループが定型にしている
お馴染みのお品書きが添えられています。

献立についての説明が色々ありますから
興味のある方は拡大してお読みください。

章月グランドホテル

食前酒はオリジナルカクテルで「滝野ブルー」
滝野すずらん公園の
青いビオラをイメージしたそうです。

章月グランドホテル

前菜
〈章月・定山渓・札幌・北海道にまつわる
 ストーリーをちりばめた前菜7種盛り〉
エビ&カレイで作った「おぼろすり流し饅頭」
ハマグリ&花咲ガニの煮凝り
鮭と帆立の手毬寿司
マンゴー・生ハム・アスパラの三色ピンチョス
Boys eat curry lamb zangi
枝豆&長いもの超ミニミニジョッキ
ザ・胡麻豆腐

章月グランドホテル

野口観光さんの前菜は、このように品数多めで
テーマに沿った料理が並びます。

先椀
北海道産穴子&山ぶき・軟白ネギの澄まし汁

章月グランドホテル

お造り
長崎県産マグロ  北海道産ツブ貝
ボタンエビ    九州産カンパチの炙り
噴火湾産マツカワカレイのライム〆
お口直し「ほうじ茶のゼリー」

章月グランドホテル

正直、ちょっと鮮度がイマイチ…
と感じるお刺身もありました。

それでも、ビールと日本酒好きな父も
色々と飲んで愉しんでいたみたいだし
北陸と東北の日本酒飲み比べは
どれも好みで飲みやすかったです。

章月グランドホテル

煮物
キンキの煮付け

章月グランドホテル

高級魚キンキの煮付けのあとは
お品書きにない一品が出てきました。

章月グランドホテル

冷製のうどんだったかパスタだったか
記憶は遥か彼方です💦

章月グランドホテル

強肴
三種類の調味料で楽しむ「白老牛のステーキ」
 自家製ラズベリーワインソース
 手作り和風オニオンソース
 カムイ・ミンタルの塩(洞爺湖町産)

章月グランドホテル

湯葉の衣をまとった白老牛ステーキは上質だけど
湯葉の意味合いはよく解らなかった😅

食事・留椀・香の物&ごはんのお供
きぬさや&木綿豆腐・長ネギ入り赤出汁
長いもの酢漬け・ミズの浅漬け・アスパラの味噌漬け
登別藤崎わさび園の「わさび昆布」
森のジビエ「エゾシカ肉の佃煮」

章月グランドホテル

土鍋で炊いたゆめぴりかの美味しいごはんに
藤崎わさび園のわさび昆布の組み合わせは
ご飯好きまさじゅんのハートを掴みます♡
エゾシカ肉の佃煮も美味しかったな。

食後のデザート&コーヒー・紅茶は
6階ラウンジ「章月倶楽部」で
用意されているという案内でしたが
画像はないので悪しからず🙇


朝食は「暁」という名称に変わった
6階のお食事処で頂きます。
リニューアル前は洗心という名称でした。

章月グランドホテル

昨年の9月、この渓谷向きのテーブルで
昼食を頂いたこともありました。

この時も両親を連れていて、昼食のあとは
ふる川に投宿したのでした🐇

章月グランドホテル

朝食ではこのような三段重と鍋が
テーブルにセッティングされています。

章月グランドホテル

お重を開くと、和洋の色々なおかずが
用意されています。

章月グランドホテル

この時は多分料理長が
茶碗蒸しのワゴンサービスをしていました。

章月グランドホテル

道産帆立の茶碗蒸しです。

章月グランドホテル

プチバイキングコーナーもあって
サラダ、出汁巻き卵、フルーツ、ドリンク類など
お好みで色々持ってくることもできます。

ただ、遅い時間帯であったせいか
補充がされてなくて寂しい皿もありました。

食後のデザートは6階のラウンジ章月倶楽部で
北海道産とうもろこし茶アイスクリームや
焼き菓子等が用意されていますよ。

章月グランドホテル

朝食の品数は十分で
朝から沢山食べたくなる感じに見えますが、
全体的に調理の質は気になりました。

章月グランドホテル


今回のリニューアル工事で
章月グランドホテルは完全に野口観光の宿、
という雰囲気になった感じがします。

従業員によってのホスピタリティの差も少なく
コスパよく安心して泊まることが出来るのが
野口観光の良さではないかと思います。

章月は食事面の満足度が上がると
きっと何度も
足を運びたくなる宿になるでしょう。

次回のスローな時間は
オロロンラインを走って北へ向かいます🚗
また見てくださいね~😉


テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

まさじゅん

Author:まさじゅん
温泉宿好きな
GAYのカップルです。
パートナーのテン君と
北海道の温泉宿を巡り
癒されています。

宿選びの参考にして
もらえたら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
参加中♪
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR